本文へ

眼底出血

 『眼底』とは、眼球の内部、奥の部分のことをいいます。眼底には、網膜・脈絡膜や視神経、血管などの大切な組織があります。『眼底出血』は、多くの場合は網膜の出血のことを指します。網膜の中心部である黄斑部は、中心視力にとって最も大切な部分です。

 糖尿病・高血圧によるものが代表的ですが、加齢黄斑変性・網膜静脈閉塞症・網膜細動脈瘤・糖尿病網膜症・高血圧網膜症・網膜剥離・外傷・全身の血液疾患(腎臓病・白血病)などが原因になるものもあります。眼球内に出血が溜まり急激に視力が下がる硝子体出血という重症のタイプもあります。出血そのものの症状は、飛蚊症・視野障害・視力低下などです。しかし黄斑(おうはん)という感度の高い中心にでると、見にくい場所をはっきり自覚するようになります。したがって、健康診断で発見されることも多いです。両目で普通にみていると気づきにくいため、ときどき片目ずつで見てみると発見できることがありますので是非ためしてみてください。

漢方と鍼灸

 出血を止める漢方、血栓を溶かす漢方、動脈硬化を改善する漢方を組み合わせます。鍼灸では出血箇所の波長から経絡に落とし込んで治療していきます。